包茎のそれぞれの治療法や解決策は?

そもそも包茎ってどんな物があるの?

包茎と一口に言っても沢山の種類があることを知っていますか?そして、日本人の男性の多くが包茎なのです。では、まず種類別にどのような物なのか知っていきましょう!
まず「真性包茎」とは、平常時はもちろんのこと勃起時も包皮が陰茎を完全に覆ってしまい、自分の力で包皮を剥こうとしても剥けない状態のことを指します。
次に日本人男性の8割がこのタイプだと言われている「仮性包茎」について。仮性包茎とは、平常時は包皮が祈祷をしっかりと覆っていますが手で包皮を簡単に捲ることが出来、亀頭を露わにすることが出来ます。この症状はとても幅が広いため、軽度から重度まで様々なのです。
最後に「嵌頓包茎」について。嵌頓包茎とは、真性包茎であり尚且包皮口が狭く、包皮を無理に向いた状態で勃起すると血管などが締め付けられ、浮腫んで腫れ上がり最悪の場合は壊死に至ってしまうこともあるのです!

包茎の手術費用って?!

先に書いたように、包茎にも様々な種類があるのですが、これを治療するための手術も幾つか種類があり料金も異なるので紹介したいと思います。
まず最初に「クランプ法」についてです。大手包茎クリニックが大抵行う手術であり平均的な治療額は、3万円~5万円の間です。難しい手術ではないので、簡単に行えます。クランプという器具を使った手術は、患者さんに合わせて行う手術というよりは器具の形状から、器具に合わせる手術と言えます。
次に「亀頭直下法」です。近年の包茎手術の主流となっているのが、この亀頭直下法であり個々のクリニックなどがアレンジをして手術を行っているという傾向にあります。こちらですと、平均的な治療額が10万円以上になります。
最後に「ノン切開法」です。この手術は、自分で包皮を剥けば亀頭が露わになるということが大前提で行われる手術であり、体にメスを入れるということに抵抗があるという人がよく選択されます。
お金はかかりますが、コンプレックスを解消していきましょう!