包茎とはどんな状態?

包茎には3種類あります

生まれた時には、すべての男性が包茎の状態です。通常は、成長するにつれて、男性器の亀頭部分をおおっている皮が徐々にむけてきます。それにより、亀頭が露出するわけですが、思春期を過ぎて成人になっても亀頭が露出せず、皮に包まれた状態であれば何らかの措置が必要でしょう。

包茎には、「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。
成人男性でも、仮性包茎の割合はかなり高いと言われています。仮性包茎は、男性器が勃起した状態では亀頭が露出するのですが、通常時には皮に覆われてしまっていることが多いのです。ただし、仮性包茎の場合は、治療をしなくても問題ないというケースが殆どです。しかし、真性包茎やカントン包茎については、専門医に相談する必要があります。

包茎はどうやって治す?

包茎を放置しておくと、いくつか問題が生じます。見た目や、避妊具がつけにくいということもありますが、最も心配なのは衛生面です。亀頭が露出しない状態が長く続くと、皮に包まれてしまっている亀頭に汚れが溜ってしまいます。思春期になれば、射精行為を行うようになりますが、行為によって生じる汚れをきれいに取り除くことができないため、とても不衛生な状態になります。ですから、包茎は成長期の段階で、ある程度の処置をしておく必要があります。

もし、仮性包茎であれば、自分で包茎を治すこともできます。はじめは、皮をむいて亀頭を出そうとすると若干の痛みを伴うことがありますが、徐々に痛みにも慣れ、やがて亀頭が露出するようになります。勃起時以外の通常時にも、まめに皮をむいておけば、やがて改善されるはずです。ただし、真性包茎やカントン包茎の場合は、自身で皮をむこうとしてもかなりの痛みがあるため、病院での治療をおすすめします。泌尿器科などで包茎の治療を行っていますので、相談してみましょう。