治療後はどんなことに注意したらいいのか?

包茎治療で気をつけておきたいこと!

包茎治療は、非常に多くの病院で行われている治療なのですが、気をつけおきたいことがあります。これは、仮性包茎と真性包茎によって分かれてくるのですが、まずは仮性包茎からです。
仮性包茎に関しては、手術こそ必要ないと言われていますが、性病の原因にもつながるために手術をしたほうが良いです。特に皮を切除する必要はないために、術後に痛みを感じることはないために気をつけることは少ないです。しかし、術後一週間ほどは勃起時に傷むことがあるために要注意です。
真性包茎に関しては、皮を切除して行う治療ですので、非常に痛みを伴うことがあります。排尿の時などに、沁みて痛みますので、注意が必要です。また、定期的に薬を塗らないと菌が繁殖してしまうので要注意です。

包茎治療が終わったあとに気をつけたいこと!

包茎治療が終わったあとは、気をつけなければならないことがいくつか存在しています。まずは、一週間ほどは病院に通って診察をすることが必要です。どのような状態になっていても、術後は必ず行かなければなりません。手術が成功したからといって傷口から菌が入って性病の原因になりうるからです。
そして、一週間が過ぎたら症状によっては病院に通わなければいけないのですが、原則的には通わなくても良くなります、自宅での治療が必要となってくるのですが、薬を塗るだけで良いです。
また、セックスに関してですが、これは術後すぐから行っても良いです。しかし、コンドームをつけて行わないと、性感染症の恐れがあるために、付けて行うようにしましょう。